So-net無料ブログ作成

クリスマスのアドベントなラッピング [贈った物(ラッピング)]

いつも仲良くして頂いている東海道さんに、クリスマス兼誕生日のプレゼントを贈らせて頂きました。無事届いたようですのでご紹介します。

ラッピング全体像はこんな感じ。
101221_wrap01.JPG
赤いラッピングが4cm×8cm(×厚み)程度の大きさです。
小さいものが多かったので、個別に包んだらミニチュアみたいで可愛いかな?と。そして、小さいラッピングを沢山詰めたら、沢山プレゼントが届いた気分になるかも??と。
映画「ホーム・アローン」で観た、「ツリーの側に山と積まれたプレゼント」のようなイメージでした。
過剰包装気味なやり方なので少々迷いつつ(汗)。

中身は“作ったモノ”カテゴリの中から選ばれしものたち(笑)です。



101221_wrap03.JPG
エコ小物 バンビキャラメルのロディアもどき

101221_wrap02.JPG
ラベルとしても使える、小さい小さいメモ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


101221_wrap04.JPG
包装紙はセリアのものやワックスペーパーです。
刺しゅう糸の三つ編みひも、(目立ってないけど)ビビッドカラーのレースペーパーも使いました。



101221_wrap05.JPG
レースペーパー風のトレペメモ

101221_wrap06.JPG
どこかで見たようなボタンリースのメモ
上のパステル調、下のグリーン系とブルー系を送りました。印刷の都合で作ったサイズ違いも。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


101221_wrap07.JPG
フェリシモの切手風シール、市販マステに付いていた(!!)ゴールドのひも、フェイバリットシールなどなど。もうごちゃごちゃ。左は封筒のフタ部分にカットしたレースペーパーを貼って、更に飾り付けています。



集合写真の下に横たわっている筒状のものはmt ex展のマステで作ったラッピングペーパー(クラフト紙ver.)です。
101221_wrap08.JPG
補強としてラップの芯に入れ、セリアの包装紙で巻いただけ。



まとめ。
途中からゴールを見失ったらしく、何がしたいのか良くわからないラッピングになってしまいました。紙好きさん宛てに包む場合、どうもあれこれとやり過ぎてしまいます。
興味がない人が相手だと、即行でゴミになりそうなので、凝ったことはやりません。

「開ける人の手間とか、どうなの?」と思ったのですが、「クリスマスまでに毎日ひとつずつ開けたい」と言ってくださった!!ので、アドベント・カレンダーならぬアドベント・ラッピングと呼ぶことにしました。

ウサギの干支文字切手と年賀切手を貼って発送。
風景印はお任せしたので見ていません。



にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ
にほんブログ村

ほぼ日手帳2011 カズン・使い始め [ほぼ日手帳]

月初めに届いていたけれど期限ギリギリで支払いをしたため、数日前にようやく自分の物になったほぼ日手帳

カズンのヌメ革カバーもやっと装着しました。
101220_techo01.JPG
毎年この作業にかなり緊張します。本体のページをぐちゃっとしてしまわないように‥‥勢い余って表紙を折らないように。


101220_techo02.JPG
あれ、浮いてしまう。(最初はもっと浮いてました)

どう確認してもしっかり差さっているし、手で押さえても表紙がもたついている様子はなし。多分まだ革が硬いのでしょう。公式サイトでも説明されていたように、バタフライストッパーもかなり硬くて、ぐりぐりしないとペンが入りません。

落ち着かせるためにも、とりあえずおまけのボールペンを差しています。書きやすくて、私の筆記量では一年ぐらいじゃインクが切れないので、毎年ありがたく使っています。

ですが、

101220_techo03.JPG
今回はPIGMA(ピグマ)を使ってみようかと。
簡易な製図ペンとでも言うか、いわゆる"ミリペン"というものです。
同人をやっていた時、なかなか慣れることの出来ないつけペンの代わりに使っていた物の残り。

均一に書け、乾きが早く、耐水性で汚れにくいのが利点。欠点は”筆圧”に弱いことでしょうか。
今年のオリジナル版で試し書きした所、裏抜けもなく、相性は良いのではないかと思います。最近人気のゲルインキタイプは相性最悪ですしねー‥‥

ただ、黒は強すぎると思ったので、類似品の中からDELETER(デリーター)のネオピコライン2を買ってみました。
コピックマルチライナーの方が微妙な色が揃っていて理想でしたが、近所では買えそうになく、しかもデリーターの方が安かったので。

その他のカスタマイズは使いながら決めていきます。

ヌメ革の色の変化具合を見るために、時々写真を撮っていきます。



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

ビビッドカラーのレースペーパーを作る [作った物]

お久しぶりでございます。

死蔵品と化していたコピックスケッチを使って、色つきのレースペーパーを作ってみました。

101214a.JPG



淡い色調のレースペーパーも素敵ですが、原色のハッキリした色合いのものもネットで見て欲しかったのです。品切れだったり、100円商品を見慣れているせいかどうも高く感じるし(笑)でなかなか買えません。
特に今はクリスマス向けに赤と緑が欲しいです。



気軽に使える100均のレースペーパーで。
101214b.JPG
コーナー飾りとして使うことが多そうなので、カットして塗りました。

101214c.JPG
思った以上にきれいに塗れました!!
さらさらっと塗るだけで、溶剤が浸透してくれて、本当に染まっているみたいです。



調子に乗って塗りまくったものの一部を。
101214d.JPG
101214e.JPG
101214f.JPG
茶系も意外と使えそうな感じです。焼き菓子みたいで美味しそ~

慣れるとかなりきれいに塗れるようになりました。
元からこういう色だと言っても通用するのではないかと思うぐらい。



一番気に入ったのはグレー~黒のバリエーション。
101214g.JPG
真っ黒いレースペーパーもなかなかカッコイイんじゃないでしょうか。


手塗りなので量産できないけど、作業はなかなか楽しいです。絵具のような準備・片付けがいらないのも良いところ。


‥‥まぁ、コピックの本来の機能を考えると、少々もったいない使い方だとは思います。
かと言って、使う機会がなくなってからすでに何年も放置していて、それも勿体ないので、中に残っている古いインクを消費する手段にしようかと。

レースペーパーはセリアのものです。そのままでもカットしても可愛くて、コピックも塗りやすかったので、今度見つけたらまとめ買いしなくては。



にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ
にほんブログ村

ほぼ日手帳2011がやってきた(゚∀゚) [ほぼ日手帳]

カバーが受注生産だったため、少々遅めの入手となりました。
玄関に"何かの箱"があるのは目に入っていたのに、親宛てにも荷物があると聞いてたのでカン違い、2日も放置!!

受け取った時の
キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
っていう、普段使わない顔文字も使いたくなるような感動を味わいたかったです‥‥。

・2011年もほぼ日手帳です。ヌメ革カズンをオーダー。
(過去の関連記事)


101203g.JPG
これが一日中開封してもらえなかった深緑の箱。

気を取り直して開封!!



101203a.JPG
オリジナルの本体セット 月曜始まり
ボールペン、体温計、しおり、説明書が入っています。
手帳本体はまだ未開封。
古い手帳と被る12月のスペースをうまく使いたいのですが。


101203b.JPG
カバー・オン・カバー(カズン用)、下敷(カズン用)、ほぼ日のテンプレート
カバー・オン・カバーと下敷は汚れに見舞われた分の交換用。
今更だけど、下敷はほぼ日じゃなくても良かったかな。
テンプレートはオリジナルと一緒に使います。2010年版をストアで買わなかったのでおまけだったものは持っていません。バージョンアップして販売されて嬉しいな~
(しかしこれらオプション品は高すぎると思う)



メインは何と言ってもカズン・ヌメ革プレミアム
101203c.JPG
くまのOHTO(オホト)の型押し入りバージョン。
特有のシワ、色ムラがあります。

いい革だと傷汚れも味になるのだろうけど、真新しいものをいきなり汚すのは流石にイヤなので、あまり触れずにいます(ビビリ)。
皮脂は良いらしいのでちょこっと撫で撫でしておきました。
そのうちどどーんと置いて使えるようになります。
マキノのファブリックカバーもそうでしたから。


101203e.JPG
カズンの本体セット。オリジナルと同じおまけが付いています。
説明書は表紙が違うだけで中身は同じ。ロフトでも配布されていました。

こちら、文具のアイデアノート・貼り込み日記として使おうと思っていたのですが、今になって少し迷いが出てきました。
「お言葉」という目障りな部分が増えたので、文具用にはちょっと高級な無地ノートでも使おうか、とか。その場合これは漢字の勉強に転用しようとか。
(あ、目ざわりなんて言ってますが、ほぼ日手帳の精神は「性に合ってる」と思うのですよ。私の愛用品はiPhoneやiMacなど「不便不満がある」物がいくつかありますが、どれも使うと楽しいのが不思議)

やはりアイデアノートとして使うことになったとしても、持ち歩くのはやめることにします。多分、これを持って出ても、何も書けません。しばらく無印ノートで遊んでみた所、「書く」よりも「貼る」方が多かったので。(ステキなコラージュを作っているとかではないです 汗)
今回のカズンは「雑記」ではなく、ある程度きれいに使いたいな~と考えています。
その代わり、落書き用ノート、既製・自作の付箋メモ類などのセットを持って行って、書いたもの・集めたもの・買ったものを持ち帰ってカズンにまとめる、というのが自分には良さそうです。

オリジナルの方をもっと持って歩こうかな。こっちは元々が雑記帳みたいなものだから綺麗にまとめる必要ないし。
101203f.JPG
これは2010年版のオリジナル(カバーはマキノ・モノトーンチェック)。
3年買い続けて、今年はここまで厚くなりました。
上に乗ってるのは未使用の手帳です。



ほぼ日手帳2011の改良ポイントなどは公式サイトをご覧ください。
毎年のように繰り返されるマイナーチェンジ、比較したことがない‥‥
あ、でも、カバーの内ポケットの位置変更についてはちょっと気にしています。使い心地にどれぐらい影響するのかな?
公式サイトではわからないことなど、私にお答えできることがあれば質問どうぞ!!

実際に使ってみて気付いたこと、カスタマイズ、ヌメ革の変化具合などは随時書いていこうと思います。
今考えているのは、「空いたカバーの使い道」‥‥です。



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。